顔には性的指向が潜んでいる・・・性的指向を見分けるAIが物議を醸す

AIは顔から人間の性格や性的嗜好を見分けるーー
猛スピードで“進化”をつづける「人工知能(AI)」ですが、スタンフォード大学(アメリカ)の研究チームは人工知能を使って人間の顔写真データを分析することで「同性愛者かストレートか」を高精度で見破ることができるという研究結果を発表しました。この発表は世界的な物議を醸しています。

スタンフォード大学らの研究 によると、コンピュータアルゴリズムが同性愛者とストレートかどうかを、男性を81%、女性の74%の精度で正しく識別できることが分かりました。 本研究は、顔検出技術の倫理について疑問を投げかけました。この種のソフトウェアが人々のプライバシーを侵害したり、反LGBT目的で悪用される可能性もあり得るからです。

「いいね!」で性格がばれる

元々、この研究の中心人物とされるコジンスキ氏は、“人々のデータが悪用されかねない現実”に警鐘を鳴らすことで、キャリアを築いてきた人物です。彼は2013年に心理学の博士号の取得を目指し、ある性格診断テストを作成しようとしていましたが、その後、フェイスブックによって性格診断テストは不要になるだろうという考えに至りました。つまり、わざわざ好きなものなどを尋ねる必要はなく、その人が何に「いいね!」しているかを確認すれば、その人の性格が明らかになるという見立てです。2014年には、あるユーザーが押した200件の「いいね!」を調べることで、「本人の性格診断テストの回答を恋人よりも正確に予測できる」という驚きの研究結果を発表しました。

顔からクラスタを抽出

その後、博士号を取得したコジンスキ氏は、米スタンフォード大学経営大学院で教えるようになり、新たな調査対象となるデータを探しはじめました。そこで頭に浮かんだのが「顔」だったとのこと。

もう何十年ものあいだ、心理学者たちは人間の性格と身体的な特徴を関連づけることに慎重でした。骨相学と優生学という“忌まわしき記憶”を拭えず、タブー視されていたためです。だが、そのタブーを根本から疑うことで、何かが明らかになるかもしれないと彼は考えました。

まず出会い系サイトの公開情報から14,776人の写真を35,326枚集め、その写真から顔の特徴を抽出しました。顔、口、鼻、眉毛から顔の毛まで、これらの特徴はすべて抽出され定量化されます。顔の特徴に印を付け、そして傾斜、回転および偏向角のようなパラメータで顔を配置します。

それからこのデータを、「ディープニューラルネットワーク(DNN)」による顔認識アルゴリズムに流し込みました。その画像から特徴を抽出し、顔写真とプロフィール情報のあいだに相関関係があるかどうかを調べました。ここでは、表情、背景、照明、画像のプロパティ(明るさやコントラストなど)などの要素で画像内の顔を表現できる、VGG-Face DNNが使用されています。

顔特徴の系統的認識

その後、研究者らは予測モデル、ロジスティック回帰、その他の特異値分解(SVD)などの画像を使用して画像を分類し、どの画像が同性愛者であるかを判断しました。当初、たいした発見はないと見られていましたが、性的指向に着目してみたところ、目を疑うような結果が出たと言います。

今までの研究に置いて顔写真を元に人間が性的指向を言い当てられる確率は、最高60%程度でした。しかし、DNNは男性については91%、女性についても83%という高確率で、それぞれ同性愛者かどうかを区別することができました。女性の方が成功率が低いのは、女性の性的指向がより流動的であるからではないかと考えられています。

論文に掲載された、「合成した『ストレート』顔」(左2列)と「合成した『ゲイ』顔」(右2列)。

同性愛者の男性と女性は、「性別非定型」の特徴、表現、および「グルーミングスタイル」を持つ傾向があることがわかりました。これは、本質的に同性愛者の男性がより女性らしく見えることを意味します。また、同性愛者の男性は、ストレートの男性よりも顎の幅が狭く、鼻の長さが大きく、額の幅が広いことや、同性愛者の女性がストレートの女性と比べて顎の大きさが大きく前額が小さいことなどの傾向がありました。

人間が判断した場合は、アルゴリズムよりもはるかに悪いパフォーマンスを示し、男性61%、女性54%という結果になりました。

研究チームは、「顔には、人間の脳によって知覚され解釈される以上に、性的指向に関するより多くの情報が含まれている」と、一連の研究の成果について説明し、更に以下のように言及しています。

「多くの人がこの情報を公開すべきだったのか?という疑問を持つでしょう。私たちの考えも同じです。かし、ある政府や企業は、顔を認識して好みのものを推測をする技術の開発を、すでに進めているのです。ゲイコミュニティをはじめ、私たちはプライバシーが侵害されるリスクを把握し、今すぐにでも法的な規制を設けるべきなのです

今回の発見は、過去に手がけた研究と同様に、デジタル時代におけるプライバシーと差別の問題について、一石を投じるものです。