最新AI論文をキャッチアップ

AI人材就職支援 vistAI

Googleが公開した自然言語処理の最新技術、BERTとは何者なのか

Googleが公開した自然言語処理の最新技術、BERTとは何者なのか

テキストマイニング

3つの要点
✔️ 自然言語の発展に大いに貢献
✔️ 学習しなくても前に接続するだけで精度が向上

✔️ 入出力に新規性

BERT: Pre-training of Deep Bidirectional Transformers for Language Understanding
written by Jacob DevlinMing-Wei ChangKenton LeeKristina Toutanova
(Submitted on 11 Oct 2018 (v1), last revised 24 May 2019 (this version, v2))

Comments: Published by NAACL-HLT 2019
Subjects: Computation and Language (cs.CL)

はじめに

2019年2月に自然言語処理のトップカンファレンス「NAACL-HLT 2019」の採択論文が発表されました。採択された論文の中には、昨年一世を風靡した「BERT」の提案論文が含まれています。2019年も引き続き、BERTを用いた精度向上が多く報告されるのではないでしょうか。本記事ではそんな「BERT」について、重要なポイントに絞って解説を行います。

 

続きを読むには

(5477文字画像5枚)

AI-SCHOLARに
登録いただく必要があります。

1分で無料で簡単登録する

または
tat avatar
博士後期課程で自然言語処理の研究をしています。肉と寿司が好きです。 主に自然言語処理に関する論文を紹介しています。

記事の内容等について改善箇所などございましたら、
お問い合わせフォームよりAI-SCHOLAR編集部の方にご連絡を頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

お問い合わせする