自然言語処理×強化学習の最前線!!強化学習と自然言語処理の最新研究は何を解いている?

3つの要点

✔️自然言語で与えられたタスクをこなすアプローチの研究が主流
✔️自然言語によるアシストを受けながらタスクをこなすアプローチの研究はまだ少ない
✔️テンプレートに沿った文章を要求するなど、多くの条件が前提となっている為、評価をより細かく行う必要がある

 

概要

 

機械学習分野で非常にホットの分野のなかに、自然言語処理強化学習があります。
各分野における研究はご存知の通り、右肩上がりで投稿論文数が増えており、非常に注目を集めています。

では、これらを組み合わせた研究はどの様に進んでいるのでしょうか?

今回は、A Survey of Reinforcement Learning Informed by Natural Language という論文を元に、現在然言語処理×強化学習という分野がどういう状況なのかをご紹介しようと思います。

本論文は、2019年、人工知能系のトップカンファレンスである、IJCAIに投稿されたサーベイ論文です。
自然言語処理×強化学習といった複合分野にキャッチアップするのは非常に難しいため、複合分野におけるサーベイ論文の価値は非常に大きく、本論文も必見です。

 

この記事をシェアする

コメント

きらとしくん  @gokurakudouji
2019/10/16 08:49

AIコミュニティを個別に分断するのではなく、#世界最大のAIコミュニティをつくろう。AIの加速は可能になります。孫社長どうでしょうか? 自然言語処理×強化学習の最前線!!強化学習と自然言語処理の最新研究は何を解いている?|AI-SCHOLAR https://t.co/Lj87eObyu8