Adobe、加工された顔画像を見破り、元に戻す技術を発表

論文:Detecting Photoshopped Faces by Scripting Photoshop

Photoshopは視覚文化に広く影響を与えてきました。現在、Photoshopなどの画像編集アプリケーションで顔を加工して美化することが当たり前になっていますが、中にはフェイクニュースとして使われることもあります。

そんな中、Photoshopでの顔の画像加工を99%見破る技術がAdobe(アドビ)とカリフォルニア大学バークレー校によって開発され話題になっています。

Adobeはこれまで特に画像加工の中でも多い、「表情の調整」や「顔の一部の加工」といった局所的な画像加工を検出することに精力的に取り組んできました。今回の研究では一歩進み「画像加工された部分を元に戻すことができるツール」を提案しています。