グラフニューラルネットで、「つながり」からコミュニティが見えてくる

グラフニューラルネットで、「つながり」からコミュニティが見えてくる

3つの要点
✔️ GNNが苦手とする有向グラフに対応
✔️ GNNでのマルチスケール化  

✔️ 他の手法より大きく性能を向上させた

Supervised Community Detection with Line Graph Neural Networks
written byZhengdao ChenXiang LiJoan Bruna
(Submitted on 28 Sep 2018 (modified: 24 Feb 2019))
Comments: Published by ICLR 2019
Subjects: Machine Learning (stat.ML)

はじめに

「グラフニューラルネットワーク(GNN)」をご存知でしょうか。その名の通りグラフ構造を持つデータに有効なディープラーニング手法で、2年ほど前から盛んに扱われるようになった比較的新しいAI分野です。今回はこちらの論文を基に、GNNの改良版とそれが得意とする実践的なコミュニティ検出手法を紹介します。

目次

  1. グラフニューラルネット(GNN)
  2. LGNN
  3. GNNの限界
  4. 線グラフ、マルチスケール化
  5. 結果
  6. まとめ

この記事をシェアする